飾り線上

よく晴れた木曜の明け方に友人と

飾り線下
盆が近くなって、とうろう流しなどの催し物がほど近くで行われている。
近辺のイベント会場では、竹や和紙で作ったとうろうが据えられていた。
近くのイベント会場では、夜分には電気の照明は付けられてなくてなくて、とうろうの明かりだけというのは、大変幻想的だった。
竹や木の中でろうそくが灯っており、温和な灯りになっていた。
繊細な光がそのあたりの木々を明るくしていてすごく眩しかった。

一生懸命走る友人と突風
このごろ、フィクションを精読することはわずかになったが、一時前に水滸伝の北方バージョンに没頭し読んでいた。
別な水滸伝を軽く見た時は、取るに足りないと思い、魅了されなかったが、北方謙三さんが書いた水滸伝を読破したときは、夢中になり、読み進めるのが止まらなかった。
会社の仕事の昼休憩や仕事が終わってからの食事中、湯船の中でも読みとおして、1日一冊ずつ読みふけっていた。
登場キャラクターが人間くさく、男気熱い人物がめっちゃ多人数で、そんなところに魅了されていた。
飾り線上

雨が降る水曜の夜に微笑んで

飾り線下
久しぶりの外での仕事の当日、初めて仕事で一緒に過ごしたAさんという男性は、体の大きな大先輩だ。
一番初めに会った時からクールで、仕事以外での会話はまったくしたことがなかった。
前回、何気なくAさんの半袖になった腕をみて衝撃を受けた!
一つ一つが大きな天然石ブレスがいくつもつけられていたため。
気付いたら、パワーストーン詳しいんですね!と出てしまったほど。
そしたらAさんは得意げに、なおかつ子供っぽい表情で、ひとつひとつの石の由来紹介してくれた。

気どりながら話す友達と濡れたTシャツ
休日の時間つぶしに、横浜美術館に入って以来、あの場所に虜にされている。
驚いたのは、単独でゆっくり見にきている方も多かったこと。
それ以来私も、一人でも行けるし、誰か興味がある人に一緒に来てもらうこともある。
江戸東京博物館は、期間限定の展示がとてもなのでわたしも、一人でも行けるし、誰か興味がある人に一緒に来てもらうこともある。
江戸東京博物館は、期間限定の展示がすごく横須賀美術館は、大好きな谷内六郎の作品がたくさんある。
どんな方かと言ったら、あの週刊新潮の表紙絵を担当していた人物だ。
他にも、江戸村の近くにある、竹久夢二美術館で大量のポスカを買った思い出も。
今でも、ミュージアムには日頃から有意義な空間を楽しませてもらっている。
飾り線上

じめじめした水曜の夜は歩いてみる

飾り線下
田舎に住んでいると、インターネットでものが手軽に購入できるようになったのが、とっても便利だ。
それは、駐車場がある本屋が市内に2軒しかなく、品ぞろえも悪いから、買いたい雑誌も手に入らないからだ。
取り寄せるよりはネットで買う方が手間がかからない。
その理由は、書店に行くのにマイカーで30分近くかかるからとってもめんどくさい。
ネットショップに手慣れたら、なんでもオンラインショップで手に入れるようになった。
家電は、ネットのほうが必ず安価で、型番商品は絶対にネット購入だ。
けれど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

笑顔で自転車をこぐ母さんとあられ雲
明日香は、大学ですぐ打ち解けた親友だ。
明日香ちゃんの良い所は、受け入れの幅が広くて、細かい事はどうでもいいという寛大さ。
私から友達になってと言ったそうだが、たしかに、そうだと思う。
遊びに行くと、悩みなんかもシンプルになるので、とっても心が軽くなる。
シャープな印象でスレンダーなのに夜、おなかがすいてハンバーグを食べに行ったりするらしい。
飾り線上

怒って跳ねる父さんと草原

飾り線下
なぜかお肉があまり好きではない食べるものはどうしたって魚介類主流になる。
そのことから、例年の、土用の丑の日は、大きな行事だ。
東の方でうなぎを開くときには、背開きという習慣が現在も続いている。
何故かと言うと、古くから武士文化だったので、腹開きだと切腹に通じてしまいタブーなため。
反対に、大阪あたりで開かれる鰻には、腹開きの場合が習慣。
何故かと言うと、西の方は商売の盛んな町なので、お互いに腹を割りましょうという事につながるから。
他にも、自腹を切るという意味にも通じるので、状況によっては良くない時も。
何故かと言うと、西の方は商売の盛んな町なので、お互いに腹を割りましょうという事につながるから。
他にも、自腹を切るという意味にも通じるので、状況によっては良くない時も。
こちらの雑学は、旅行会社で働いていた時に、紹介として、参加者に話していた雑学です。
新宿駅より乗り込みして、静岡の浜名湖や三島や沼津のウナギを食べるために行こうという内容。

月が見える平日の晩は読書を
OLとして就いていた時の大好きな先輩は、親が社長で、まさにお姫様だった。
小さくて可愛くてテンションが高い、動物好きの先輩。
動物愛護サークルなど立ち上げて、それなりに活躍をしているようだった。
毛皮反対、お肉食べない、動物実験取りやめ賛成。
一度部屋に遊びに行ったことがあった。
一等地にある高層マンションで、皇居が見えていた。
先輩は、手入れの行き届いた清潔なシャムと同棲していた。
飾り線上

凍えそうな大安の夜明けに歩いてみる

飾り線下
ほほえみって綺麗だなーと思うので、できるだけ笑顔で過ごせるようにしている。
一応、場所と場合を見て。
でも、他の人にそんなものだと強制しては良いとは言えない。
要は、一概には言えないが、個人的な考えとして。
さっきまで真剣な顔で真剣に仕事していた人が、笑った瞬間。
もう、大好き。
目じりにしわができる人がタイプ!とよく言う友人。
その気持ちも理解できるかもしれない。

暑い日曜の明け方に読書を
太宰治の人間失格を全部読み終わって、主人公の葉ちゃんの考えも理解できるな〜と思った。
彼は人だったら必ず持ち合わせている感情を、大いに抱えている。
そういった部分を、内に積み重ねないでアルコールだったり女だったりで、発散させる。
クライマックスで、葉ちゃんの知り合いのマスターが、「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と話す。
その部分で、主人公の葉ちゃんは不器用なんだろうなと、必ず切なく感じてしまう。
飾り線上

お役立ちサイト・関連サイト紹介

飾り線下

引越業者 格安比較
引越屋さんの見積金額を比べて、おすすめの引越業者を選んで、引っ越し予約をお得に☆


Copyright (C) 2015 飢餓状態の部下を幸せに All Rights Reserved.